歯の健康を促進することができる歯科衛生士

仕事の流れ

相談する歯科医

歯科衛生士になって医療福祉の現場で働きたい人は、歯科衛生士の国家資格を取得することが必要になります。
国家資格を取得するためには、専門学校や短大などに入学し、専門的な勉強をすることが必要になります。
専門学校や短大等で必要な単位を履修し、国家試験に合格すると、歯科衛生士の国家資格を取得することができます。
資格の取得後は、歯医者さんの求人に応募し、採用試験に合格すると、歯科医療の現場で働くことができます。
歯医者さんでの仕事は、歯科医師の助手として、歯科医師の治療行為のサポートを行います。
歯石の除去や歯磨きの指導なども行い、虫歯や歯槽膿漏の予防のために患者さんのケアを行います。
経験を重ねた後に、認定歯科衛生士の資格を取得してキャリアアップを図ることもできます。

最近は歯医者さんの診療科目の細分化が進んでいます。
インプラント治療や矯正治療に特化した歯科医院が増えており、歯科衛生士も専門化が進んでいます。
インプラントの治療を行っている歯医者さんでは、インプラント専門歯科衛生士の資格を取得することがトレンドになっています。
審美歯科では、ホワイトニングコーディネーターの資格を取得することがトレンドになっています。
ホワイトニングコーディネーターの資格を取得することによって、キャリアアップを図ることができます。
訪問歯科で働いている人は、ケアマネージャーの資格を取得するケースが増えています。
ケアマネージャーは介護支援専門員と呼ばれる医療福祉の専門職です。
この資格を取得することによって、質の高い福祉医療を提供することができます。