歯の健康を促進することができる歯科衛生士

仕事内容

レントゲンをみる歯科医

歯科衛生士は多くの人の歯を守るために必要な大切な仕事です。
患者に対して予防処置や保健指導や診療補助などの歯科診療の補助作業を行う専門職であります。
予防処置とは歯や歯肉の状態を見たり、歯石を機械を使って取ったり、虫歯予防のために歯に薬を塗ったりする業務です。
保健指導とは保育園や幼稚園や小学校などで歯磨き指導を行います。
また老人施設へ出向くこともあるようです。
更に歯科診療の補助作業とは歯科医の補助として患者の口の中に触れることのできる歯科衛生士が治療のサポートを行います。
また、歯科衛生士は国家資格であり資格取得については就業年数や時間数や必修学習科目が定められています。
国家資格であるため医療人としての地位が保証されているものであります。

現在では健康に気を遣う人が多くなり、歯への関心を持つ人も少なくありません。
それに伴って歯科衛生士の需要も高まっているといってもいいでしょう。
しかしながら歯科衛生士の数は足りないため、常に求人をかけている歯科クリニックも少なくないようです。
この資格は国家資格であるため、日本どこでも働くことが出来ます。
また現在のところ資格を取得すれば一生涯有効であるため、一度退職しても復職することは可能であります。
しかしながら、年収になると一般のサラリーマンと比較するとそれは低い傾向にあると言われています。
また中小規模の歯科医院で勤務すると給与水準は低い傾向にあるといわれています。
そのため収入についてはあまり多くを期待しないほうが良いのかもしれません。