歯の健康を促進することができる歯科衛生士

将来性

2人の歯科医

最近では、歯の状態が体の健康に大きな影響を与えていることが分かってきました。
そのため、歯の状態をチェックすることで健康増進に役立てようとという試みが様々な所でなされているのです。
歯科医院で扱う歯のトラブルの中で、昨今特に増えているのが歯周病です。
成人のほぼ9割近くが現在ではこうした歯周病を患っているとされており、医療機関でも様々な対策が取られています。
歯周病になると、実際体に様々な悪影響をもたらします。
例えば歯周病菌による病気の誘発です。
動脈硬化や心臓病、糖尿病などの病気との関連性が現在では指摘されており、こうした病気を防ぐためにも、常日頃から歯の健康状態に気を配ることが必要とされているのです。

歯科医院において、歯や歯茎の健康チェックを行なうのが歯科衛生士です。
現在ではこうした歯科衛生士の需要が増えています。
歯科衛生士の主な業務としては歯科医師のサポートがまず第一に挙げられます。
歯科医師の監督の元、一定の範囲内で衛生ケアなどの医療行為を行なうのです。
歯科衛生士と共に歯科医院に常駐しているのが、歯科助手と呼ばれるスタッフです。
この職種の場合には、通常医療行為が出来ません。
そのため、診療では主に器具の洗浄や準備、受付事務などを担当することになります。
現在歯科衛生士を始めとする歯科分野の求人は、医療分野専門の求人サイトなどで閲覧することが出来るのです。
こうしたサイトでは、各希望条件を指定して求人を探すことが可能となります。